天に手を、古に舞う

何度目かの清兵衛ブログ

われだれぞ

ペタラペタ、鳴り響くは|子一刻にて|鐘楼(しょうろう)よ
ペタラペタ、廃る石畳、|崇(あが)む者、|忘らる神か
ペタラペタ、暗き参道、|静寂(しじま)の闇、|素足で歩む
ペタラペタ、記憶も自我も|霞ごとし消える

(われだれぞ?われだれぞ?)参道は|どこまで続くんぞ?
(われだれぞ?われだれぞ?)おやあ、|足には知れぬ間に、、、

カランカラ、下駄に浴衣、|進む冗長は、| 終わりなき
カランカラ、八幡の藪|知らずやぶさかなき

(われだれぞ?われだれぞ?)参道は|どこまで続くんぞ?
(われだれぞ?われだれぞ?)おやあ、|肩には知れぬ間に、、、

ズイズイラ、素足思うに、下駄出づる
ズイズイラ、浴衣思うに、着物出づる
はては、我はあやかしか?

(われだれぞ!われだれぞ!)
件に大狐に餓鬼に青女房
いつの間にやら大行列
(われだれぞ!われだれぞ!)
馬追い、星々は行進に共鳴し
もはや行く道は静寂なき
(われだれぞ!われだれぞ!)
座敷童子や鞍馬天狗待つ参道終わり、大社は見事也

百|鬼夜行取り仕切りし| 我こそは、
出|羽より出づる怪異、化|け猫也て
百|鬼夜行取り仕切りし| 我こそは、
出|羽より出づる怪異、化|け猫也て
さぁさぁ、さぁさぁ、宴始めしこの時よ

 

youtu.be

われだれぞ(歌詞プロットとインスト)

(※数字は文字数。後の調整用のため)

5 5
ペタラペタ、ペタラペタ
5 5 7
鳴り響く子一刻鳴らす鐘楼(しょうろう)
ペタラペタ、ペタラペタ
7 6 7
廃る石畳、参拝者居ぬ忘るる神か
ペタラペタ、ペタラペタ
4 4 8
参道、静寂を素足にて歩む
ペタラペタ、ペタラペタ
7 7 5
記憶も自我も霞のごとく消え入りて

5 5
われだれぞ?われだれぞ?
5 4 5
参道はどこまで続くんぞ?
われだれぞ?われだれぞ?
2 6 5
おや、足元には知れぬ間に、、、

カランカラ、カランカラ
7 7 5
下駄に浴衣で進む参道闇ばかり
カランカラ、カランカラ
9 6
八幡やぶしらずもやぶさかなき

われだれぞ?われだれぞ?
参道はどこまで続くんぞ?
われだれぞ?われだれぞ?
2 4
おや、肩には知れぬ間に、、、

ズイズイラ、ズイズイラ
8 5
素足気になるに、下駄出づる
ズイズイラ、ズイズイラ
8 6
浴衣気になるに、着物出づる
3 3 5
はては、我はあやかしか?

(われだれぞ!われだれぞ!)
4 6 3 6
件に大狐に餓鬼に青女房
7 6
いつの間にやら大行列
(われだれぞ!われだれぞ!)
4 5 6 5
馬追い、星々は行進に共鳴し
8 5
もはや行く道は静寂なき
(われだれぞ!われだれぞ!)
3 4 3 5
座敷童子や鞍馬天狗待つ
4 3 4 5
参道終わり、大社は見事也

6 6 5
百鬼夜行取り仕切りし我こそは、
7 7 6
出羽より出づる数多刻行く化け猫也
百鬼夜行取り仕切りし我こそは、
出羽より出づる数多刻行く化け猫也
さぁさぁ、さぁさぁ、宴始めしこの時よ

 

 

※並行して、インストを組み立てていくが、主にリズム(何拍目にメロを入れるか)を重視

f:id:sebe_6:20180104230555j:plain

※↑を音にして組み立てる

youtu.be

 

われだれぞ(雑文)

世の最も闇の刻限を知らせる、子一刻の鐘が鳴り響 いた。
何処からだろうか、この参道の先から聞こえたよう には思えない。
この薄靄のせいもあるだろう、光指す行灯の他に明 かりもない参道の先に人気は感じられない。
また、時折見せる納屋の作りに鳥居が見られるとこ ろから、この先にあるとすれば神社であろう。
となれば、すぐ近くに別に寺があるのだろうか。
と、ふと周りを見渡してみるが、薄靄のせいで少し 先の歩いてきたらしい道も見えない。
ふぅとため息をつき、歩みをはじめる。
ペタラペタ、ペタラペタ。
ここまで随分歩いた気もするし、この参道に入った ばかりの気もする。
よく覚えていないが、今の意識はハッキリとしてい る。
ペタラペタ、ペタラペタ。
おや?そういえば私は裸足なのか。
どうしたのだろう。
足裏を覗き込んでみるが、ほとんど汚れはない。
近くで脱ぎ捨てたのだろうか。
ペタラペタ、ペタラペタ。
いったいこの道は何処に繋がるのだろうか。
再び歩 みをはじめる。
カランカラ、カランカラ。
行灯、木、納屋、木、木、同じような景色が続く。
この時期であれば、芒畑に鈴虫や馬追の鳴き声が聞 こえてもいいはずだが、 この参道で今はシンと静寂を守っている。
カランカラ、カランカラ。
おや?
カラン、、、、 いつの間にか下駄を履いている。
これはどういうこ とだろう。
下駄など入れておくような恰好ではないし、まして や今まで持っていたわけがない。
この不可思議な現象の答えにすがるように周りを見 渡すも、別段変わった場所はない。
よくわからないが、この参道には「ナニかある」の だろうか。
そういえば、多少肌寒いようにも感じる。
もっとも、私が季節を過ぎた浴衣姿であるからかも しれないが。
、、、なぜ浴衣なのだろう?
もしや、この先には催し物があり、そこへ向かって 歩いていたのだろうか。
この先に行けば、何か思い出せるだろうか。
カランカラ、カランカラ。
みたび歩みを始めた私は、この参道について考え る。
カランカラ、カランカラ。
所々石畳は崩れ、決して歩きやすいとは言えぬ参道 は、参拝者が多いとは思えない。
カランカラ、カランカラ。
その割にはずいぶん長い。
そもそも、こんなに広い敷地を持ちながら無縁神と なるようなこの場所に違和感を覚える。
カランカラ、ズイラ、カランカラ、ズイラ。
ここに祭らる神は、どんな神だろうか。
カランカラ、ズイラ、カランカラ、ズイラ。
カラン、、、、 、、、、
いつの間にか、着物を羽織っている。
まただ。 どうもおかしい。
もしや夢でも見ているのだろう か。
着物の織をなぞってみると、上等な布を使用してい るようだ。
はて、、そういえば、、、
裸足が不便なので履物があればと思ったら、いつの まにか下駄を履いていた。
肌寒さを感じるので上着があればと思ったら、いつ の間にか着物を羽織っていた。
思ったことが、そのまま叶う。
これが現実であるなら、私はあやかしか何かの類と なろう。
スッ、、、と参道の奥で何かが動いた気がする。
体をこわばらせ、目を凝らす。
それは、件だった。
娘の体に牛の顔。
その深緑の目は、何かを思うように私をじっと見て いる。
声をかけようかと思うと、すぐに闇の中に掻き消え てしまった。
あれは、、、
あれは、私を知っている眼だったように思える。
その眼からは、哀しげであったものの、微かに親し みが感じられた。
追おう。
私は自分のことを知りたい。
あやかしであるならそれはそれでいい。
自分が何者であるかについて、もはや執着に近い想 いが沸き起こりつつあった。
われだれぞ?
いくらか歩くと、前から喧騒のような雑音がかすか に聞こえてくる。
なんだろうか、やはり私が向かうべきはこの喧騒の 場所のような気がする。
カランカラ、ズイラ、カランカラ、ズイラ。
サッとナニカが後ろから駆け抜けていった。
チラと私を見ると、留まりもせずに駆け抜けていっ てしまった。
狐だ。
しかも随分大きな体をしていた。
件といい、皆がこの先に向かっているようだ。
やはりどうもこの先に私に関わる何かがあるらし い。
私は歩みを進むる。
われだれぞ、われだれぞ。
気付けば声に出していた。
何だか気分も高揚していく。
カランカラ、ズイラ、カランカラ、ズイラ。
私は軽い、、もとい狂い歩みを進むる。
われだれぞ?われだれぞ!
気付けばかつて静寂であった参道には、鈴虫や馬追の声で賑やかだ。
行灯だけでなく、所々に提灯まで付き始めた。
カランカラ、ズイラ、カランカラ、ズイラ。
おや、前に沢山いる黒い影は、餓鬼だろうか。
何が面白いのかずっと石を積んでいる。
ちょいと私の後ろに手で合図しながら通り過ぎてみた。
すると、ひょいひょいと私の後ろを付いてくる。
なんだ可愛いげのある奴らだと、ニヤと後を向くと、地蔵好きの青女房まで付いてきている。
お前さんまでよんじゃあいないよ、と思い、クツクツと笑いが込み上げてくる。
われだれぞ!われだれぞ!
人ならざるものの行進は、合唱となり、いよいよ愉しくて仕方がない。
鈴虫達や提灯の灯りどころか、星の瞬きまで行進に合わせてくれている。
私の尻尾はずっと上下にふりっぱなしだ。
おや、ずいぶん歩きにくい格好でここまで歩いたものだ。
私は四つん這いになると、下駄と浴衣を脱ぎ捨て去り、自慢の三又尾をたなびかせる。
われだれぞ!われだれぞ!
魑魅や魍魎、火車や垢舐、果てはがしゃどくろや赤ヱイまで招いた行進はいよいよ大々行列となり、参道の果てに到達した。
大層な社では、これまた座敷童子や鵺、お歯黒様や風神雷神までいる。
その中から鞍馬天狗が遅いじゃないですかいと言うようなことを言いつつ盃を差し出してくる。
盃をくわえ、社のてっぺんに飛び乗る。
そうだ、すっかり忘れていた。
人間に化けるのが楽しくて、それが長すぎたせいで自分のことを忘れてしまっていた。
盃を空に天高くほおりなげる。
零れた酒は、次第に紅葉に替わり、雪に替わり、桜となって地面に落ちたと思ったら、花火となり瞬時にまた天高く打ち上がる。散った花はまた酒に戻り、、、
3周ぐらい見届けると、高らかに笑いながら宣言する。
我こそは出羽より出づる2千年の時を征く化け猫也。
今宵、2百年ぶりとなる百鬼夜行を執り行おうではないか。
世は楽し、おかし。

われだれぞ(テーマ)

**************************************************************
われだれぞ
練り歩く
ワルツ
百鬼夜行
さっちゃんが長
ズイラ
数多星ゆく天

人物:記憶を無くしたさっちゃん、人間の少女とし て2年生きた?
場所:ヒト気のない参道。
時期:90年代のような異世界、秋?
時間:子の刻?
視点:さっちゃん、又はその近くの神視点?
起:参道で気づく。自分はこの世の住人ではないの かと?
承:百鬼夜行の気配を感じる
転:参道の終わりに、自分が祭られる神社を見つけ る
結:百鬼夜行を仕掛けたのは自分だと思いだし、化 け猫の姿へ戻る
打倒化け猫かつ続編かつ雰囲気違う
A→A→B→A→サビのイメージ
百鬼夜行とともに盛り上がる
馬追いと鈴虫が鳴く
(化け猫後)
「さては、刻は4年の月日が流るる。
枯川そばの参道に童が一人。
最後の曲、われだれぞ」
*****************

 

隙間の童子

以下、奥羽風土の民俗学(著 廣高 兒升)から引用

ひとえに座敷わらしと言っても、各地の伝承の内容は異なる。 近年では、比較的友好的な妖怪、家屋内に存在するだけで、富を得られるような共通の認識であるが、その原点は、江戸後期に出版された「妖怪見聞録」著 前崎佐衛門 による影響が大きい。 例えば、奥羽の一部では以下のような伝わりかたをしている。 ここでは、「隙間の童子」として分けて語ろう。

隙間の童子は、赤子を神隠しに会わせる妖怪とされる。 家屋の障子や襖を閉め忘れた隙間にしか存在できない。 隙間の近くに赤子がいると、連れ去ってしまう。 しかし、隙間にしか存在出来ぬゆえに、童子が隙間から出るとたちまち存在が消えて死んでしまう。

このような存在を模してこんなわらべうたが残されている。

てんてんてんとて 歌う童は 障子の影しか 生きられぬ りゃんりゃんりゃんとて 笑う童は 隙間の世界に いざのうて 儚き命を 悟りして どちらを摘むも お前次第

赤子が興味を持って手を出せば、隙間の世界に連れていかれることがあり、 赤子が手を出さなければ、連れていこうと隙間から出てきた隙間の童子は死んでしまう。 そんな皮肉を込めた歌なのだろうか。

さて、ここまで話を進めればわかることだが、奥羽のような北国ならではの妖怪伝聞と呼べるのではないか。 例えば暖など火を起こすしかなかった時代、真冬に赤子を隙間の空いた場所に放置してしまえば、流れ込む冷気でたちまち赤子は凍え死んでしまう。 自分の過失で子を亡くした親には、神隠しにあったと嘘で、遺体を隠して逃げる例もあったかもしれない。 何にせよ、戸締まりはしっかりとせねばならぬという教訓が含まれた話ではなかろうか。

。。。ところで。 もし、このような座敷童子が本当に存在していたとして、なぜ死んでしまうのに、わざわざ隙間から出てくるのだろうか。

人の理を超えた存在に、理屈を説くのは粋ではないため、これ以上は語らない。

唐傘売り

「かさぁ、いらんかね」

僕の降りる駅には、珍しく傘売りがいる。

身なりは良くはないが、好好爺という言葉がピッタリなじいさんだ。

傘がコンビニでも買えてしまう世の中で、傘売りが商売として成り立つのかと思うだろう。

不幸にも僕が降りる駅は、ど田舎の無人駅であり、降りてもやっているのかわからない喫茶店が一軒あるだけの辺鄙なところである。

確かに傘を売れば少し高くとも買うかもしれない。

ところが、その傘売りはわざわざ自作と思われる唐傘を売っているのだ。

一度他人が交渉しているところに出くわしたことがあるが、数万という言葉が出ていた。

コンビニで数百円で傘が買える時代に、数万出して一時の雨を凌ぐ輩はいるのだろうか。 (この駅から最寄りのコンビニは40分かかるが)

いくらなんでも足元を見すぎであろう、とそれ以降、唐傘売りに悪い印象を持つようになった。

ところで、僕は、降りた後に必ず駅前の喫茶店に寄ることにしている。

いかにも田舎の個人経営という喫茶店ではあるが、静かに本を読む場所として気に入っているのだ。

そこで、気づいたことがある。

唐傘売りは、雨が降る「前」に現れるのだ。

そりゃあ、一度や二度であれば、天気予報を見て予想したのであろう、そう思うであろう。

「それ」に気づいてから、一年、計14回、必ず唐傘売りが来てから10分以内に雨が降る。

一度たりとも、降らないことがないのだ。

回数を数える内に、とにかく気になってしまった。

思い返せば、確かに降ってないとき、もしくは帰り道に降らないときに唐傘売りは駅に来ない。

いくら有能な天気予報しと言えども、衛星画像と各地の気圧計から今後の天気を割り出すしかない。

ある地点を10分以内に雨が降るかどうかを必ず判断出来る術があるのだろうか。

いてもたってもいれなくなった僕は、唐傘売りに尋ねたが、返ってきた言葉はこうだった。

「かさぁ、いらんかね」

あぁ、話が通じないのかと思い、流れ作業のように唐傘を買うことになった。

痛い出費ではあるが、何か謎を解く鍵になるかと思い、自分を慰めた。