読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天に手を、古に舞う

何度目かの清兵衛ブログ

月の都

蓮が咲く波無き海 月の都は今宵も平穏也
兎の身分故には、筆とること御許したもうて
友のキツネが語るは あなたが月にお戻りなさる
幾度の十六夜を過ぎれども、忘れぬ想いを

友のキツネは祭のごとくコンと鳴き

月の都に戻られた あなたをかぐや様と
呼ばねばならぬ 寂しさゆえに

薄荷咲く波無き海 かぐや様は毬で遊ばれる
従者ごとき兎故、筆とること御許したもうて
かぐや様、遊び相手欲しさに毬を差し出しなさる
幾度の新月を過ぎれども、語れぬ想いを

友のキツネは囃しのごとくコンと鳴き

月の都に戻られた あなたをかぐや様と
呼ばねばならぬ 寂しさゆえに

私などに微笑みかけるのは何故ですか
求婚を全て断ったのは何故ですか
小さき私は勘違いをしてしまいます
ですからお暇を頂きとう

それでは失礼いたしとうございますかぐや様
月の都の平穏を願う兎