読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天に手を、古に舞う

何度目かの清兵衛ブログ

黄虚雨

雑文

やあやあ、これはこれは

わざわざこんなとこにおいでなすってぇ

 

おや、外は雨じゃあないのかい

いやいや、何も遠慮はいらねぇよぉ

 

お前さんとの仲じゃあないか

 

ところでこんな話を知ってるかい?

 

雨ってのは水だよな

水にも色んな種類があるんだ

 

いやいや、いつものように、「真空」の定義だとか、音の歪みが何の正弦波に対しての割合だとか、そういうくだらない議論をしたいわけじゃあないんだよ。

 

黄虚雨の話さ

黄虚雨って言葉ぐらい聞いたことあるだろう?

 

なんだい、知らねぇのかい?

学術本とは友だちになっておいたほうがいいぜ

 

黄虚雨ってぇのは、その名に付く漢字の通り硫黄が含まれるのさ。

といっても、ほんの数μ程度。

別に毛髪に影響はないさ、心配するなよ。

 

ただ、硫黄といえば、いわゆる禿山によくある物質だ。

禿山なんかに行く趣味のやつはいねぇが、職業として住んでるやつはいる。

タコさんさ。

 

硫黄ってのは、死者をよびやすいのさ。

 

だからな、今日みたいな空が黄色みがかった時の雨は気をつけろよ。

 

たまにさ、ずぶ濡れの女がじっと立ってる姿を見かけたことはないかい?

おお、さっき見たってか。

ははあ、相変わらず運が振れる奴だな。

 

あいつらは、死者に会おうとしている、もしくは会っている最中の奴らさ。

 

別に見たってどうってことはないが、目だけは合わせちゃあ行けねえ。

もし、会っている最中の奴だったら、連れて行かれるからな。

 

お、どうした、もう帰るのか。

 

なんだい、これから飲もうって時に急いで帰るやつがあるかい。

 

まぁ、じゃあ握り飯だけでも持っといてくれ。

 

ちゃあんと家で食べろよ。

塩気が多いからな。